皆さんは自動車保険に入っていますか。自動車保険には2種類あり、強制保険の自賠責保険、任意で加入する任意保険の2種類があります。自賠責保険は皆さん加入していると思いますが、任意保険も9割ぐらいの方が入っているようです。ただ任意保険はとっても高いです。(特に若いうちは)

そして今回は私の任意保険が2万円以上安くなった話です。

もう何年も前の話になりますが、自動車保険高いなあと思いながらも、ちゃんと毎年払っていました。そんな時、自動車保険の一括見積サイトのことを知りました。

最初に自動車保険に入ったのが親の言われるままに加入した保険会社でしたので、何の疑いもなく何年も加入していました。ですがこれが損する元だったのです。

自動車保険がずっと高いから何とかならないかなあと思っていたので、自動車保険の一括見積サイトのことを知ったときはすぐに利用して見積もりを出してみました。

自動車保険の一括見積サイトを利用したら10社ぐらいだったと思いますが、見積もりのメールが届きました。当時私の自動車保険は4万円ほどでしたが、見積もりで送られてきた自動車保険の価格は、半分ぐらいの保険会社が2万円以下という私の目を疑うものでした。

でもそれは事実でなんでこんなに違うものなのと思いました。

保険料の差は通販型か代理店型かの差

私は自動車保険の一括見積サイトを利用するまでは、最初に加入した代理店型の自動車保険を利用していました。そして通販型の自動車保険に乗り換えたのです。すると保険料が2万円以上も安くなりました。

なぜ通販型と代理店型でこんなに保険料が違うかというと、代理店型の場合は代理店をはさんでいるので中間マージンが発生するからです。

通販型の場合は保険会社とお客で保険をやり取りするのに対して、代理店型では保険会社とお客の間に代理店が入ります。代理店が入ることで、保険の契約の時に説明してくれたり、契約プランを進めてくれたりするので初心者にとっては役立つことが多いです。

ただその分中間マージンが発生するので保険料が高くなってしまいます。私には正直これが必要だとは思えません。

通販型は事故対応が不安?

通販型の自動車保険は事故対応が不安なんて言われることがありますが、私は代理店の時も通販型の時も事故をして保険のお世話になったことがありますが、正直事故対応なんて変わらなかったです。むしろ通販型のほうが良かったんじゃないかと思いました。

代理店型で自動車保険を利用したときは、事故を起こしておうちに帰ってから保険会社に連絡を入れました。事故のことなどを話してあとは示談交渉など保険会社が行ってくれ、事故は無事解決してくれました。

それに対して通販型の自動車保険を利用したときは、代理店と同じように事故起こしてからおうちに帰って保険会社に連絡を入れました。代理店の時と同じように事故のことを話してあとは保険会社が示談交渉などを行なってくれて、こちらも無事事故を解決してくれました。

正直どちらもたいして変わりませんでした。ただ一つだけ違ったのは、通販型のほうは事故の交渉の進み具合や修理費にいくらかかったかを教えてくれました。それに対して代理店型の時は何の報告もなし。修理費にいくらかかったのかはいまだに知りません。

通販型の場合はネットのマイページから事故交渉の経過なども確認することができ、どのぐらい事故の交渉が進行しているのか知ることもできました。

これは保険会社によって違いがあるのかもしれませんが、私の場合はこんな感じでしたし、私の親が代理店型で自動車保険を利用したとき、修理費とか何も連絡してくれないと嘆いていました。

次の保険の更新で私が一括見積サイトのことを教えてあげたら、利用して通販型の自動車保険に乗り換えていました。保険料も3万ほど安くなったととても喜んでいました。

自動車保険を比較する

通販型の自動車保険のほうが保険料がかなり安いですが、サービスなども通販型のほうがいいことが多いです。もし自動車保険高いなあと思っている方がいれば、一度でいいので自動車保険の一括見積サイトを利用してみて、どのぐらい保険料が違うのか自分の目が確認してほしいです。

利用したからといって保険会社を乗り換えなければいけないというわけではありませんし、しつこく勧誘されるということもありません。

おすすめの一括見積サイトは「ほけんの窓口 インズウェブ」です。インズウェブでは、最大20社から自動車保険の見積もりを一括でとることができます。

テレビCMをしているソニー損保やおとなの自動車保険、アクサダイレクトなどからも見積もりが取れます。申し込みは10分ほどです。

申し込むときは車検証か保険証券があればスムーズに申し込めるので、ぜひやってみてください。

公式サイト⇒自動車保険見積もりのインズウェブ